地獄から天国へ、救ってもらった1組の夫婦

未分類

3年前には考えられませんでしたが、現在私はとても幸せです。
失恋して絶望の淵にいた3年前、「死にたい」と思っていた私は、大量のお酒を摂取する日々を過ごしていました
そんな最悪の日々に光が射したのは、失恋後半年が経過した夏でした。

ある日、私が小学生のときからつき合いがある、いつもひいきにしているお店に買い出しに行きました。
店員さんと若い夫婦が話していた光景を、買い物をしながら私は「楽しそうだな」と思っていました。
買い物を終えレジに行き、「賑やかでいいですね」と話した私に、夫婦を紹介してくれました。
お互いに「よろしくお願いします」と挨拶したあと、自己紹介しました。 その後、店員さんが仲を取り持ってくれたおかげで、私たちは短時間で仲よくなりました。 
連絡先を交換し、LINEでもやり取りを始めた私たちは、より一層仲よくなり、ご飯を食べに行ったり、遊びに行ったりしました。
若い夫婦と仲よくなったおかげで、私は失恋の痛手も吹っ切れました。

若い夫婦と仲よくなり友だちになったおかげで、私はふたりの友だちとも仲よくなり、仲間が増えました。
増えた仲間たちとよく出かけるようになると、より一層楽しい時間を過ごせるようになった私は、変わらず現在もご飯を食べに行ったり、少し遠出の遊びに出かけたりしています。

仲間たちが好きなことに影響を受け、今まで知らなかったアニメやカメラ、ビリヤードなどの世界に触れられた私に、たくさんの趣味ができました。
知らなかった世界に足を踏み入れる前の趣味がなかった私は、とても暇で「友だちと遊びたい」と1人でいる時間が嫌でした。 しかし、趣味ができたおかげで、1人でも楽しく過ごせるようになりました。

最も感謝しているのは、私を受け入れてくれた仲間たちが、悩みについて真剣に考え、アドバイスしてくれることです。
いつも1人で悩んでいた私は、解決しないままモヤモヤが残っていましたが、相談に乗ってくれる仲間たちのおかげで、気持ちが晴れやかになり、笑顔で日々を過ごしています。 こんな日々が過ごせるのも、若い夫婦が繋げてくれた仲間たちのおかげです。

若い夫婦と出会い、仲間たちとも出会えたおかげで、たくさんよいことが起こった私に、彼氏だけではなく、彼らの中でも「親友」と呼べる人もできました。
失恋したとき「これからどうなるのだろう」と不安と絶望でいっぱいでしたが、仲間たちがいる世界に来られた私は、若い夫婦との出会いに感謝しかありません。
これからも私は、仲間たちと仲よく楽しい時間を過ごせることを切に願っています。